a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛アタック中

<<   作成日時 : 2010/07/30 15:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日の合同をふまえてのクラスレッスン。

どう見えたか気になって皆でいくつか聞いてみたが、先生曰く、「うーん…なんかねぇ、そこまでいかなかったのよ」と。
つまり、完成形には程遠かったということだ。


ステップの踏み方、体の高さ、手の軌跡、顔の向きなど、出だしから直しが入る。今までやってきて既に体が覚えてしまっていることを直していくのは、はじめからやるよりも時にやっかいである。体が早く修正できるように自主練習しなくっちゃ。

「ええと、ここはこの前までこうしてましたけど、こう直すんですね?」「すみません、もう一度やってください」「ちょっとここのところがわからないです」「こっち向けばいいですか?それともあっちですか?」
もともと、口数が少ないほうではないが、この日は、それは先生見てればわかるじゃんと言われそうなことでも、聞かずにはいられず、垂れ流すように質問してしまったような気がする。
・・・と、レッスン後は思っていたけれど、そうでもなかったのかもしれないと一晩経って思う。ただ、ずいぶんと不安な心持ちだったんだなぁと。不安を解消するだけの質問は、結局あんまり残らなくて、また聞いたりするんだよね…。(先生ごめんなさいっ)体もだけど、心の成長も時間がかかる。


さて、その完成形目指して猛アタック中の曲、ヒイラベ(Hi'ilawe)。
過去に手踊り、プイリでやったことがあるのだけど、今回はイリイリと片手のウリウリを使い、ノホ(座って)で踊る。ときどき膝立ちもするが、基本的に床にぺたんと座ったままで(ばっちゃま座り?)、上半身の動きだけで曲を表現することになる。

最初は、床に押し付けられる足の甲が拷問かと思うほど痛くて、最後まで同じ姿勢をとっていることができなかったり、ももの筋肉が限界で帰りの階段は上り下りが危うかったりしたが、だんだんと慣れていった。足の甲にくっきりとついていた赤い二つの圧迫痕もほどんどつかなくなった。膝につけていたサポーターも必要なくなった。
体は変わるんだと実感する日々であった。
そうしてやっと踊りに、曲に、表現することに気持ちが向くようになっていった。

でも、まだまだなのである…。
そしてそのまだまだがすごく嬉しいのである!
久々に「できないかもしれない…」と思うくらいの手強さに、闘志が湧き上がるのである!!

・・・なんて、必死感丸出しのところがまだまだの証拠ですねぇ。
3ヵ月後はそんな様子を微塵も見せずに踊れるようになっていたいものです^^


↓以前書いた記事。プイリ、イリイリ、ウリウリの写真あります。
http://kapekepeke.at.webry.info/201002/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおおお。いいですなあいいですなあ。
難しいのほど燃えるよね♪少しずつ少しずつ自分のものになって
いくのがうれしいんだよね。
いいなあ。体が鍛えられていって。

私はここ最近は編み物とかお洋服作りが、難しいほど燃えておりまつ。
っていうか「かんたん」って書いてあるとやる気がなくなったりして(笑)。
Ma
URL
2010/07/31 11:11
◆Maさん
 そうなんです、燃えるんです、Maさん!!
 Maさんはわかってくれるんじゃないかなぁ〜なんて
 勝手に思っておりました^^

 でもってMaさんのほうもいいですねぇ〜!
 編み物、お洋服作り、楽しんでいる様子で。
 既にとっても上手だなぁとブログなどで見て思っております!
 そういうこと苦手なので、すごいなぁと憧れのまなざしで^^
まき
2010/08/01 12:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猛アタック中 a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる