a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 新婚旅行のお土産にいただいたものは…

<<   作成日時 : 2009/01/03 22:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

友人のトミちゃんから、新婚旅行のお土産が届く。
お手紙が入っていて、トルコの有名なお菓子「ロクム」だよと書いてあった。
パッケージには「ゆべし」をキューブ状にカットしたようなお菓子の写真。

ロクム、トルコ、そしてパッケージ写真・・・頭の中で何かが繋がっていく感じ。

はっと思い立ち、本棚から村上春樹さんのギリシャ・トルコ辺境紀行「雨天炎天」を取り、
急いでページをめくり、目的のページを探す。

『修道院に到着すると、まず係の僧侶がギリシャ・コーヒーとウゾーを水で割ったものと、ルクミという
甘いゼリー菓子をだしてくれる。どこの修道院に行っても、このルクミという菓子は必ずでてくるわけだが、
これはもう歯が浮いてあごがむずかゆくなるくらいに甘い。(中略)僕らはこれをアトス三点セットと呼んだが、
アルコールと糖分とで旅人の疲れを癒そうというのが、この三点セットの目的である。だから、これは
とにかく疲労していればいるほど美味しく感じられる。(中略)僕はもともと甘いものが苦手で、ルクミは
とても食べきれなかった。(中略)あとになって道がハードになり、体がだんだん疲労してくると、早く次の
修道院に着いてルクミを食べたいとまで思うようになるわけだが…』

画像もしや、このルクミ=ロクムじゃないだろうか。スペルは「LOKUM」。ルクミと読めないこともない。
ますますそんな気がしてきた。

確証を得るためにパソコンを立ち上げて調査。こういうとき、ものすごく便利な世の中になったなと思う。
結果、ロクムはトルコ語読みでルクミはギリシャ語読みと判明。ビンゴだ。

「雨天炎天」は、ものすごく過酷な旅行記で、よくもまあこんな大変な旅を…と思うのだけど、
同時にものすごく面白い旅行記なのである。わくわくどきどきが止まらない。
(もちろん感想には個人差あり。何しろ、観光的なものとはかけ離れているので)

その中で出てきた「アトス三点セット」、中でもルクミには興味津々で、どんなお菓子なんだろう、
どのくらい甘いんだろう、どんな形なんだろうと思っていたのだ。

なので、小躍りするくらいうれしかった^^
トミちゃん、ありがとう!夢をひとつかなえてくれてありがとう!

そして、美味しかった^^
「あごがむずがゆくなる」ほどは甘くないよー、春樹さんは大げさだなぁ〜などと、
独り言をいいながらひとつふたつ。

そうだ!同じくルクミが気になるわ〜と言っていた友人がいるので、おすそ分けすることにしよう^^
きっと喜ぶだろうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハネムーンの準備出発前の確認すること
現地ではたっぷり楽しみたいから忘れ物とか、心残りとかは絶対にないようにしたいですね。そこで、海外旅行の準備に必要な情報をご案内いたします。新婚旅行や海外旅行の出発の前に一度確認しておきたいのは、パスポート、航空券、現金、トラベラーズチェック、クレジットカード、海外旅行傷害保険の証書、日程表などです。 ...続きを見る
ハネムーンの計画
2010/09/09 00:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ほおお。いいねえいいねえ、トミちゃんからのお土産が春樹さんの本と繋がったのね。本と繋がったとはいえ、まるで春樹さんの旅と繋がったようでなおさら楽しい気持ちになったのではないでしょうか、まきさん♪私はその本、読んだことがないです。ハードなのね?お遍路さんみたいなものなのかな??夫が教会版のお遍路さんをやりたいとよく話すんです。日本ぢゃ四国のお遍路さんがポピュラ―だけどあちらじゃ教会を巡るのがあるんだと。あちらってどちらぢゃかわからんのだが(イタリアかフランスだったかなあ、でも)。本のタイトル、メモりました(笑)。
Ma
URL
2009/01/03 23:12
◆Maさん
 そうなんですぅ〜^^
 一粒で二度美味しいというかなんというか、とっても
 楽しい気持ちになりました。
 春樹さんの旅行記や滞在記は、なかなか自分ではできないような
 ものばかりなのですが、とにかく面白い。小説に負けずに好きです。 
 教会版のお遍路さん…まさにそれかもしれません。
 確か女性禁制の場所と書いてあったような。
 機会があったらぜひ読んでみてくださいね^^
 私もこれを機に読み返してみようと思ってます。
まき
2009/01/04 00:31
ありました、ありましたその話。
自分じゃできない旅のかたちではありますが、村上さんの旅は
村上さんらしくて(読みながら)いつも心地よい風を感じます。
そうじゃない場所もありますが。

ルクミがゼリー菓子だというのは、今はじめて読んだのですが(笑)、
本を読んだときは、「何かの勢いで虫歯がくっついちゃいそうな
くらい甘いんだろうな」と予想した覚えが。(ゼリーというより、
ヌガーのイメージだったせいか)読者は勝手なものですね。

もしできるなら、いつか村上さん流さぬきうどんの旅をしたいなと
目論んでいます。


chi-ka
2009/01/05 20:35
◆chi-kaさん
 今また読み返し始めました、雨天炎天^^
 やっぱりすごく面白い。ハードな旅でくたくたに
 なっている春樹さんの様子を読んで面白いというのも
 失礼なことなのですが(笑)

 実は私もゼリー菓子ってところは抜けてました。
 ものすごく甘い「すあま」のような食感のものかなぁと思ってました。
 知らない食べ物って、好きなように頭の中で想像を膨らませて
 わくわくしたりしますよね^^
 なので、実際知ったときに「え?」ってなることもあったりして。

 さぬきうどんの旅、いいですね〜。
 香川県は女性禁制じゃないので(笑)条件が整えば実現可能ですね^^  
まき
2009/01/05 22:24
まきちゃんお土産本当に遅くなっちゃってごめんね。
ロクム気に入ってもらってよかった〜。
ロクムは種類が豊富で色々試食してみたけど、ピスタチオ味が一番美味しいかな〜って。
たっぷりふりかけられてる粉砂糖がもったいない〜って暫らくとっておいたけど結局使いみちがなくて後日捨てましたけど。
私も「雨天炎天」読んでみたくなっちゃった。


村山トミー
2009/01/06 22:53
◆トミちゃん
 いえいえ、いつもお気遣いありがとう^^
 で、ロクム。
 本の中では特に種類については書いてなかったし、そもそも
 バラエティを期待するような状況じゃないみたいだったので、
 ピスタチオ入りというのを見て、お、いろんな種類があるのねって。
 何だかもったいなくてちびちび食べてます^^
 「雨天炎天」、トミちゃんの感想も聞いてみたいわ。
 個人的には、だんな様が結構気に入るかなぁと予想してまふ。
まき
2009/01/07 23:07
「歯が浮いてあごがむずかゆくなるくらいに・・・」
この表現、まさに春樹節ですよね(笑)。

雨天炎天で読んだのかなあ?
たしか、ギリシャのコーヒーは、どろっとしてすごく濃いコーヒーだったかなあ。

文章でしか知らない食べ物・飲み物に、現実に出会った時のときめき、すごくよくわかります☆
素敵なおみやげでしたね。

ジェイズ・バーの鯵のマリネが食べたい・・・
NENE
URL
2009/01/12 00:01
◆NENEさん
 ギリシャコーヒーについては、とにかく砂糖をたっぷりと
 入れるので甘いと書いてありました。何だかどろっとしてそうな
 感じですよね(笑

 文章だけでどんなものなのかぜひ知りたい、食べたい…と
 思わせる表現力はやっぱりプロなんですねぇ。
 相性もあると思いますが、私は春樹さんの描写、すきです^^
 
 ジェイズ・バーの鯵のマリネですかぁ…絶対美味しいと思う^0^
まき
2009/01/12 17:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新婚旅行のお土産にいただいたものは… a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる