a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS いるかホテル

<<   作成日時 : 2008/10/23 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

友人の結婚式の時に宿泊したのだから、もう10年以上前のことだ。
友人の花嫁姿も楽しみだけど、毎日のように会っていた仲間たちとの久しぶりの再会にも心が躍り、お泊りを決めたのだった。

品川駅前のそのホテル。

宿泊階でエレベーターが開き、薄暗い廊下に出たとき、Y子が「『いるかホテル』みたいだね」と言った。
うんと即答したのは同じ事を思っていたから。

もちろん、「いるかホテル」は村上春樹さんの小説に出てくる架空のホテルで、場所も確か北海道だったけれど、本を読みながら頭の中で作り上げていたイメージにぴったりはまってしまったのだ。

それだけでもわくわくするのに、同じように思うY子がいて、イメージを共有できたことがうれしくて。
「羊男がいるかもしれないよ」などと、さらに現実と非現実をごっちゃにちゃさせたりして。

*******************************

何気なく見ていたテレビのニュースにそのホテルが映ったとき、「あれ?これは『いるかホテル』じゃないの?」と思い、同時に忘れかけていた思い出が頭の中に広がった。

翌日、早速Y子に「ねぇ、『いるかホテル』さぁ……」とメールを送ったところ、すぐに「私も言おうと思ってた」と返信。やっぱりね^^

それにしても、廃業になったことはとても残念。
あの日花嫁になった友人も交えて、いつかもう一度泊まりにいきたいねと話していたのにな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
春樹さんの「いるかホテル」の記憶は薄れてしまったのでつが(汗。また読み返そう)、昨日見ました、私もそのにうす。なんかすごかったよねえ。社長が悪いのかな?
小説の中の感覚を共有できるお友達がいるなんていいですね♪「ここは前に旅したあそこみたいだね」という感覚はわりと夫と共有できるのだけど、小説の中の感覚はまだないなあ。
Ma
URL
2008/10/23 08:03
非現実的な現実って、ワクワクしますね^^
洗練された大人の女性の会話って感じです。
読んでいない私が必死に連想してしまいました^^;
思い出と空想と現実と、妙にニヤニヤしている私です…
るんこ
2008/10/23 08:14
◆Maさん
 ほんと、まさかの廃業で、びっくりでした。
 しかし、おかげで「いるかホテル」の記憶がよみがえってきたの
 ですけどね^^
 とはいえ、実は私もストーリーのほとんどは記憶の彼方・・・。
 その友人たちとは今もお互いが読んだ本を報告しあって
 読みあって、あーだこーだと言い合うのです。
 最近は、映画化するとしたら・・・というお題で、
 勝手にキャスティングして遊んでます。
 そういえば、「ノルウェーの森」の映画化、
 キャストはどうなるんでせう。 
まき
2008/10/24 23:24
◆るんこさん
 洗練された大人の女性の会話だったかは別として、
 洗練された大人の女性になりたいと願っていた頃でした(笑
 でも、ほんとわくわくしました。
 細部は忘れても、そういう気持ちだけは後まで残るものですね。
 時々取り出して、頭の中でちょっとした時間旅行をするのは
 楽しい^0^
まき
2008/10/24 23:32
思い出の場所がなくなってしまうのはすごく残念
ですね。
でも、それがきっかけになって忘れていた記憶の糸が
するするとほどけてゆくのは、何だかそれだけで小説の
始まりみたいな気がします。

思い出と小説世界を共有できるお友だちとなら、また
別のいるかホテルが見つかるかもしれませんよ。
chi-ka
2008/10/27 12:33
タイトルでピン! ときてしまいました。
「羊をめぐる冒険」の時はオンボロホテルだったのが、「ダンス・ダンス・ダンス」で、立派なリゾートホテルに変化しちゃったんですよね。
羊〜は何度も読み返したので、私も旧いるかホテルのイメージが頭に固まっています。
品川のホテルですか〜。どこだったんでしょ。
廃業しちゃったのは、残念でしたね。
私も泊まってみたかった。
NENE
URL
2008/10/27 16:47
◆chi-kaさん
 はい、これからどうなるのかなぁと。
 明治から続く老舗ホテルだったというし、
 部屋の感じなども時代を感じる落ち着いた雰囲気だったし
 なくなっちゃうのはもったいないんですけど…。
 そうですね、ここが友人たちとの新たな出発と考えると
 素敵^^ chi-kaさんありがとう!
 「『いるかホテル』をめぐる冒険」…(笑
まき
2008/10/27 23:11
◆NENEさん
 そうそう、そうなんです!やっぱり「羊をめぐる…」の
 旧綿羊会館(でしたよね?)のいるかホテルのイメージが
 強くて。「ダンス・・・」とともにもう一回読み返さねば^^
 京品ホテルってところです。品プリに目が行っちゃって
 その前にあるのに見逃しがちなんですけどね^^ 
まき
2008/10/27 23:23
先日、京品ホテルのこと、TVで観ましたよ。
突然の廃業に、テナントのお店の人たちが路頭に迷って、独自に経営を続けているらしいです。
朝、バタバタしている時だったので、ちらっと聞いた話なんですけど。
今行けば、まだ雰囲気だけは味わえるかな?
NENE
URL
2008/11/15 16:07
◆NENEさん
 はい、私もそのニュース見ました。
 独自営業なのでサービス面では行き届かないところも
 あるけれど…というようなコメントがあったような
 気がします。
 建物はそのままなので、きっと雰囲気は味わえると
 思います^^
 とてもレトロな感じだったと記憶してます。
まき
2008/11/15 22:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いるかホテル a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる