a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろありまして…

<<   作成日時 : 2008/03/09 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

しばらくお休みしていました。
いろいろと考え事があって気持ちが向かわなかったこともあったのですが、そのほかに心配事
もあったりして、あっという間に時間が経っていました。

先日、ひとまず段落しました。

父が心臓のカテーテル手術をしました。
20年ほど前に狭心症で入院してから、ずっと定期的に健診を受けていたのですが、「20年経っ
たし、そろそろ一度精密検査をしてみましょうか」ということになり、検査をしたところ血管
のつまりが見つかり、急きょ入院、手術となったのでした。

定期健診を受け続けていても、そうそういいタイミングで問題が発見されることは少ないそう
で、たまたまにせよなんにせよ、早いうちに見つけてもらえてよかった。

手術は、手首の血管から心臓に向けてカテーテルを入れていき、詰まっている場所でバルーンを膨らませて血管を広げ、リングのようなものをつけて広がったままの状態で固定するという
もので、麻酔はカテーテルを入れる手首血管周辺だけの局部麻酔。痛くなかったの?と聞くと
、カテーテルは血管の中を通っていくので痛くないのだと。

「血管が二またになっているところが詰まってて、一瞬間違えば心臓が止まっちゃうところだ
ったんだよ。2本のカテーテルを入れて同時に治療だったんだぞ」という冷やりとする話や、「途中でおしっこしたくなっちゃってね、トイレに行きたいって言ったんだけど、『今大事なところですから我慢してください!』って言われちゃってさ」というしょうがないなぁ〜もう、という話は、無事手術が済んだからこそ笑える話。本当に先生に感謝するばかりです。

手術前はすっかりしょげかえっていた父もすっかり元気を取り戻しました。
「生かされちゃったからなぁ。」としみじみいう父の言葉が胸にしみました。

それから・・・私事ですが。

またしても美容師さんにハゲを発見してもらいました。小さな三日月形。

「あのう…自分で髪の毛切ったりしましたか?」

ふっふっふっふ…思い出すと笑ってしまう。
いやいや、たとえ切っても、そんな風に切ったりしない…と思わず突っ込みそうになったけど、ものすごく困ったような顔をして恐る恐る聞いてくれた美容師さん、きっと気を遣ってくれたんだなぁと。
「でも、生えてきてますから」って。ありがとう^^

余談はさておき。

今年初めの人間ドックで、子宮頸がん精密検査となり、その結果、中度の異型上皮と診断されました。正常とがんの中間ぐらいで、自然治癒することも、そのままの状態が続くことも、がんになることもあるという前がん段階ということらしいです。もし、がんに移行してしまった場合は手術でその部分を切除するそうです。

毎年の健康診断で、多少数値が多かったり少なかったりでチェックが入っている項目はあれど、概ね健康だったので、少なからずショックでした。
細胞診「クラス3」がいったいどのくらいの症状なのかわからないまま、でも「3」っていうと真ん中ぐらいよね…がんなのかなぁ、あとどのくらい生きられるのかなぁ…などと、どんどんと想像が加速してしまったのでした。
後日「相変わらず前倒しだねぇ〜」と友人から笑われました^^;

薬もなく、気をつけることもなく、定期的に検診を受けることが予防と。
自分でできることがほとんどないのがなんとも歯がゆいというか。
ともかく「治れ〜」と一生懸命祈ることにします。

健康診断、受けてますか?
日々忙しくてつい受けそびれてしまう人も多いのかもしれませんが、たかが健診、されど健診。女性の方は婦人科健診もちゃんと受け続けましょう〜!

・・・などなどあって、気がついたら3月に入っていました。
そして花粉が好き勝手に飛んでいる季節に(>_<)
でも、太陽の光がまぶしくあたたかく感じると、それだけでうれしくなりますね。

これからもどうぞよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
まきさんお久しぶりです。

色々と大変でしたね〜
私も父が手術で入院したときは、大変でした。
命にかかわるような大きい手術ではありませんが、
手術の準備をして、ベッドで運ばれる姿を見ると
すごく心配になったのを思い出しました。

今の手術の技術は上がってるから、
まきさんのお父さんのような手術も
簡単にできるのですね。
ほんと手術成功してよかったです!
お父さんも一安心ですね。

まきさんの体調も心配です。
私も定期健診を全然受けてないから
きちんと受けないとって思っていても
なかなか行けないんですよね〜
特に婦人科系になると行きたくないっていうか。。。。
薬もないんだから、大丈夫ですよ。
深く考えず楽しいことを考えていれば
いつのまにか治っていると思います。

きちんと休んで、体無理しないようにしてくださいね。
michi
2008/03/09 19:26
久しぶり。
お互い、そんな年齢なんだと感じました^^;
私の父は、20年前に脳卒中になり半身不随、その後不死鳥のような復活をとげて、10年前の65歳の時の他界。
私は昨年、2人の子供の卒乳後の検診で、子宮にポリープが見つかったものの大事にはいたらなかった今です。
だから、お気持ち痛いほどよくわかる…
忘れている当たり前の健康は、本当に基本なんだよね。
とにもかくにもこれからだと思います。
お互い人生謳歌しなくちゃ^^v
引越終わりましたので、ぜひ遊びにどうぞ〜
るんこ
2008/03/09 19:34
心身ともに健康で生きることは
思っているよりも大変なことですよね。

どうぞお大事に。
あさこ
2008/03/09 20:14
◆michiさん
 お久しぶりです^^
 michiさんのお父さんはもうすっかりお元気になりましたか?
 当たり前ですけど、親も年を取っていっているんだなぁと。
 それにしても医療は日々進歩して行ってるんですね〜。
 いろいろ驚きでした。

 そうそう、婦人科健診。できれば受けたくない気持ちは
 よぉ〜くわかりますが、今年はぜひ。
 実は、私も昨年までは主に自己採取型の健診だったのですが、
 今回、やはりちゃんとお医者さんに見てもらわないとなぁと思いました。
 見つかってよかったです。

◆るんこさん
 引越しお疲れ様でした〜!メールもらっていたのに
 お返事してなくてごめんなさい。

 ほんと、お互いいい年ですね〜^^;
 そういえば、以前、日記で読んで大事にいたらなくて
 よかったと思っていましたが、そうですか、ポリープ。
 それは、結果が出るまで不安でしたよね・・・。
 それにしても検査料って高い。お金かかるから健康で
 いなくっちゃ…なんて思っちゃいました(笑
まき
2008/03/09 22:43
◆あさこさん
 ありがとうございます。
 健康って大事って分かっているのにすぐに忘れちゃうから、
 少し問題があるくらいが、私の場合、ちょうどよいのかも
 しれません^0^ 
まき
2008/03/09 22:47
大変なことがあったのですね。
私の父も、晩年は病気との闘いでした。
本人も辛いけれど、家族も正念場ですよね。
ともあれ、お父さま、ご無事でなによりです。

私も子宮体癌検査、一時クラスVになりました。
年2回、定期健診を受けて、今はTに落ち着いてます。
特に治療も何もしなかったんですけどね。
私の経験からして、値の悪い時は、何らかのストレスを抱えています。
精神的なもので左右されるみたいですから、少し落ち着かれてから再度健診されてみてはいかがでしょう。

どうぞお大事になさってください。
NENE
URL
2008/03/09 22:48
◆NENEさん
 ご心配ありがとうございます。
 父のことは、病気そのものはもちろんですが、
 むしろ、本人の気力ががくっと下がってしまうことが
 気がかりでした。
  
 ところで、NENEさんも健診を続けているのですね。
 でも、Tに落ち着いたとのこと、何よりです。
 ストレスですか…体は正直ですもんね。
 私もしばらくは定期的に健診を受ける予定です。
まき
2008/03/09 23:13
今日も、まきが新たに記事をアップする前にこちらにきて、
このところずっと更新されてないな、どうしたのかな?
って思っていて、メールしようかと思っていたところだったんだよ。

まき父の
「生かされちゃったからなぁ。」・・の言葉には胸が詰まりました。
私の母もここ5年程の間にすっかりと年老いてしまって、
一時は薬の副作用でかなり激情化することがあって、
娘が「おばあちゃん、どうしちゃったの!? おばあちゃん恐い・・あんな怒ってるおばあちゃん・・嫌い」
って言って泣いていたことがあったの。
今は、容態も落ち着いたものの昨年末から今でいう有料老人ホームへ入所しました。
遠く離れていて、なかなか行ってあげられないけど、それでも元気でいてくれて嬉しい・・その一言です。

まきも大変だったね。
私は今のところ検査をしても特に異常なしだけど、
それでも時折「年とったな〜」なんて思うことがしょっちゅうだよ。

ひとえ
2008/03/09 23:19
◆ひとえちゃん
 心配かけてしまったね。ごめんね。ありがとう。
 とても元気だから大丈夫。ただ、ちょっとバタバタが
 続いて余裕がなかったというか。

 それより、ひとえのお母様もいろいろ大変だったね。
 自分たちも年を取ってるってことは、親もそうなんだよね。
 体は取替えが聞かないから多少のガタはしょうがないよね^^
 お互い気をつけつつ楽しく過ごしましょう〜。 
まき
2008/03/10 23:27
いろいろ悩んでいたのですね。
そんな時でも、ひとつひとつの事を確実にこなしていく姿勢はすごいなぁと感じています。

やはり健康あっての日々。体を大切にしないとね!
と、言いつつ・・・
健康診断、行ってないですぅ。。。
りと
2008/03/10 23:58
まき、お久しぶり〜。
日記読んでビックリしたよ。 色々大変だったねぇ〜。
とも父も18年くらい前にガンの手術したけど、今は、とても元気よっ。
なんかね・・・メチャ元気。(笑)
町のスポーツジムみたいな所に毎日のように通い、
パークゴルフ、麻雀、社交ダンス・・・。
家でゴロゴロしている日はナイってさ。(爆)
まき父も、きっと今まで以上に元気になるかも。(^_^)
私、健康診断は、35歳の時にやったきりだな・・。
婦人科検診は毎年受けるようにしている。もちろん、今年もね。
まきもムリせずに、ゆっくり心と身体を休めてね。
ともたん
URL
2008/03/11 10:37
日記をお休みされていてどうしたのかなと気になって
いたのですが、大変だったのですね。

自分が徐々に年を重ねてゆくように、離れて住む
親もしだいに老いの道を歩んでゆくのですよね。
何かあってもすぐに行かれる訳でもなく、傍について
いてもできることが限られていて歯がゆく思ったり…
この数年、いく度かそんな思いをしました。

婦人科系は人によっては強いストレスがかかると
出やすいようですから、どうぞ気持ちをおおらかに。
下着の締め付けや冷えにもお気をつけください。

日記の再開は嬉しいものです。どうかお大事に。
chi-ka
2008/03/11 11:44
◆りとさん
 過ぎてみれば、どちらも早く事がわかってよかったなと
 思います。ご心配ありがとうございます。
 それより!りとさんも健康診断、この機会に(何の機会?)
 ぜひ受けに入ってくださいね〜^0^

◆ともたん
 そっかー、とも父は大手術だったんだね。
 元気になって本当によかった。
 私の父も「平均寿命まで生きるぞ〜!」と言っていたので
 同じようにどんどん元気があふれてきたらいいなぁ。
 ともたんも婦人科健診はもちろん、健康診断も
 受けておいたほうがいいよー。お互いいつまでも
 健康で笑って過ごしましょう〜(…って、おばあちゃんに
 なったみたいな発言だわ) 
まき
2008/03/11 22:06
◆chi-kaさん
 ご心配おかけしました。ありがとうございます。
 親は年を取らない…なんてことないのになぁと。
 近くにいるから、いつでもいけるから…と思うばかりじゃ
 いけないんだなぁと思いました。夫の実家にも不義理が
 続いているので、今年こそは会いに行こうと思ったり。
 
 下着の締め付け、気をつけます^^;
まき
2008/03/11 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いろいろありまして… a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる