a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS NO TRAVEL, NO LIFE

<<   作成日時 : 2007/05/02 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像取り寄せてもらおうかなぁ…と思っていたところに、Aちゃんからお誘いがあり、青山にある「BOOK246」へいってきました。どうやらここは旅の本屋さんのようです。小さいけれど、とても雰囲気のある素敵な本屋さんでした。

お目当ての本は、須田誠さん(Makoto♪さん)の「NO TRAVEL, NO LIFE」です。
2年位前(たぶん)、Aちゃんを介して出会い、同時にMakoto♪さんの作品とも出会ったのでした。

どうして?

いちばん初めにMakoto♪さんの写真をみた感想…といっていいのか、ともかく、心の声はこれ。

たしか、隣にいたAちゃんに、「ねえ、この女の子、知人とかじゃないんだよね?」と間の抜けた質問をしたような気がします。

写真集のページをめくりながら、そのときと同じ思いをまた感じています。
どうして、こんなに親しげであたたかい表情なんだろうと。老若男女問わず、もうずっと昔からMakoto♪さんのことをよく知っていて、深い信頼を置いているような。どうしたらこんな表情を向けてもらえるんだろう・・・。

本当に素敵な写真がいっぱいです^0^
それから、写真に添えられている言葉もいいんです。心を揺さぶります。

写真と言葉をゆっくりじっくり味わいながら、Makoto♪さんのしてきた旅や経験や思いを想像しながら楽しませてもらっています。

皆さんも本屋さんで見つけたら、ぜひ手にとってくださいね〜!


Makoto♪さんの
websiteはここ↓
http://www.travelfreak.jp/
blogはここ↓
http://blog.livedoor.jp/travelfreak/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
旅の本屋さん、いいですね〜。
そこに足を踏み入れるだけでもう旅に出たくなりそう。
ロンドンにも以前映画で有名になった旅の本屋さんが
ありますが、雑多な感じがけだるい午後にぴったりの
ところです。

サイトも覗いてみました。ゆったりと街の人の笑顔や
生活を眺める旅をずい分していないなぁ〜と思わせて
くれる写真でした。
chi-ka
2007/05/03 17:47
まきちゃんは、いっつも上手に「自分らしさ」をみつけてるし、手に入れてるよなぁって感心です。
どんな「もの」でも「こと」でも、「・・・あ」と何かを感じる瞬間って素敵だし、すごいよね。
私も「何か」にとらわれずに、いろんなところを散策してみなくちゃ♪
と、改めて思ったよ〜〜〜(^^)

追記
最近、KAT−TUNのデビューアルバムをずーっと聞き続けてます。
セカンドアルバムが出てるのに。。。(笑)
でも、どれもいい曲ばっかりでいい詞ばっかりで、すごくいい歌ばっかりなんだもの。
特に最後(リアルフェイスの前)の曲の「どこかにいる大切なオンリーワン 必ず会えるさ」っていう詞がすごーく好きです♪ 
まりりん
2007/05/03 18:52
◆chi-kaさん
 もう、「旅の本屋さん」という名前だけでわくわく
 しちゃいますよね^^ いろいろな本のページをめくりながら
 擬似旅行をして帰ってきました。大型の本屋さんとはまた
 違った時間の流れる場所でした。ロンドンの旅の本屋さんも
 きっといい雰囲気のところなのでしょうね〜。 
まき
2007/05/04 18:48
◆まりりん
 ううん、自分で何かを開拓していくより、周りの人々に
 きっかけを与えてもらうことのほうがずっと多いんだ〜。
 で、きっかけがきっかけを呼んだりして。楽してるよね(笑

 ところで、アルバム曲。デビュー前からたまっていた中で
 どれをチョイスするか悩んだだろうなぁと^^
 歌詞がきゅんとくるよねぇ。私はNever Againが好きです。 
まき
2007/05/04 19:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NO TRAVEL, NO LIFE a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる