a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS マナカード

<<   作成日時 : 2006/05/23 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ハワイでマナカードを買ってきたのはいいけれど、全部英語なのでなかなか、いや、ぜんぜん日常的に使うというところまでいかない。チャクラやエレメントにそった並べ方をしてリーディング…なんてことが書いてあるのだけれど、それも挿絵があったからなんとなくわかったことで、いざ、やってみるとなると並べたカードの意味を調べないといけない・・・・・・と考えると「ん・・・今度しよ」と先送りしてしまう。

でも、ようやく2枚目のカードの訳に着手!・・・って全部で44枚あるんだけど(^^;)

そのカードに関する神のこと→言い伝え→言葉の細かい意味→解釈という構成で1カードにつき約3ページ。(B6)
はぁ…いったい全部を訳し終わるのにどんだけかかるんだろう〜。私の英語力、根気、物理的時間を考えるとすーっと気が遠くなる。
いやまてよ、やっているうちに英語力がぐんぐん伸びてペースもどんどん上がるかもしれないじゃんっ、ふっふっふ。(皮算用)

今訳しているのは「LEHUA(レフア)」というカード。レフアは花の名前以外に、島の名前にもあるみたい。

登場する神は木の女神カポ。二つの性質を持っている女神。フラの女神ラカのように豊穣や誕生と結びつき、火の女神のように魔術や死とも結びついている。彼女は体から膣を取り外すことができ・・・

膣を取り外す?

ど、どういうこと?と、調べてみたら「ハワイの女神たち」というpdfがヒット、

画像「カポは、膣を取り外し出来る事でとても有名で、ペレの一つの物語の中で彼女はこの能力を使ってペレの膣を海の彼方に放り投げ、カマプア(Kamapua’a)がそれを追って行くことでペレが強姦されるのを防いでいます。」

と書いてあった。なんかいろんな意味ですごい。

そんな感じで、あっちこっち行きながらすすめているので、まだまだこのカードの全容はわからず。でもハワイの神様や伝説を知っていくのはとても面白いのです^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マナカードが話題になっているので、価格を見ましたが結構高いのでハワイから取り寄せたいと思いました。ハワイではいくらくらいで買えましたでしょうか?友人に頼んで取り寄せた方がいいのかこちらで結構な価格でも買ったほうがいいのか考えています。ハワイではいくらでしたでしょうか?
hauoli
2006/06/26 09:25
hauoliさん、いらっしゃいませ!

マナカードはハワイのボーダーズで買いました。
値段ははっきりとは覚えていないのですが、
40ドルくらいだったような気がします。
日本より多少安いくらいでしょうか。。
あとは英語か日本語かですね^^
まき
2006/06/26 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マナカード a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる