a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS コルネットと初恋

<<   作成日時 : 2011/06/01 00:07   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

姪の運動会を観にいってきた。ただし仕事があるので入場と開会式だけ。
本当は土曜日だったのだけど、雨だったからね。
今年から金管バンドに入った姪っ子の初演奏、見逃すわけにはいかないもの^^

平日なのでギャラリーは少な目。ちょっと寂しいけれど、近くまで寄っていって音合わせしているところからみることができた。姪の担当楽器はコルネット。見た目はトランペットをちょっと短くして太らせたような感じ。
あれぇ、こんな大きかったっけ?と思ったのは、持ってる子たちが小さいからだろう。
そのうち姪も気がつき、吹き終わるたびにチラッとこちらを見てはにやりと笑みを送ってくれた。

さて、私にとってコルネットといえば、初恋の人である。
同じ吹奏楽部のコルネットを吹いていた男の子のことが大好きだった。

入部の際、どの楽器をやりたいかの希望は一応聞いてくれるものの、実際は、顧問の先生が口の形を見て割り振りしていた。私はフルートをやりたかったのだけれど、下唇が厚いということで、クラリネットに決まり、その1年後、先輩の卒業と共にオーボエを引き継ぐことになった(オーボエは1本しかなかった)。クラもそんなに上手くならないし、よく見りゃ上唇も厚いので、ダブルリードでも大丈夫だろうってことでまわされたんではないだろうか...と今は思う。

その初恋の子は、なかなか思うように音が出なくてよく怒られてた。考えてみれば彼こそたらこ唇であったから、あの小さなマウスピースを自在に操るのは大変だったろうなぁと思う。今更だけどなんでコルネットになったんだろ。体が小さかったからかなぁ。

いつからか、気がつくと彼を見ていた・・・っていうと、かなり少女マンガちっくで恥ずかしいけど、本当にそうで。傍目から見ていても私が彼を好きなことは明らかだったろうと思う。まあ、私も隠してはいなかったのだけど。ただ、彼に話しかけることができなくてねぇ。
一度だけ、部室に入ったら彼がひとりでいて、その時は、心臓が耳にもついてるんじゃないかと思うくらい、でっかい音が聞こえて。あれは千載一遇のチャンスだったのに全く活かせなかったんだなぁ。なんか話さなくちゃ、何でもいいからと焦って出した声が、やたら高いトーンでボリュームも大きくて、全然聞き取ってもらえなくて「え?」って言われたんだった。
13歳。初々しかったね^^

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
青春だね
ひろ
2011/06/02 22:44
◆ひろさん
 ええ、ええ、青春です(*^^*)
まき
2011/06/03 23:38
初恋、そんなに素敵な(くっきりと覚えている)初恋だったんだねえ。でも、そういうものか、私も絶対忘れないものなあ(笑)。
初恋とあまり関係ないかもしれないけど、今読んでるのが佐藤多佳子さんの『第二音楽室』で。School&Musicがテーマだからまきちゃんの気持ちと重なっちゃった♪
Ma
URL
2011/06/09 09:20
◆Maさん
 今じゃこんなに(どんなに?)なっちゃったけど、
 ほんと、ちょっとのことで天に昇ったり地に落ちたりと
 心が激しく揺れ動く時期でした。
 あの時こうできればよかったのに…もしこうだったら…
 こうなって…そしてそして…きゃあ〜♪。。。などと、
 妄想にふけったりしてねぇ。 
 Maさんの初恋はどんなだったのかしらん^^
 ドキドキわくわくラブラブだったのかなぁ。
 『第二音楽室』読んだことないけど、きゅんとしそうな^^
まき
2011/06/10 14:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コルネットと初恋 a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる