a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 身辺整理

<<   作成日時 : 2010/12/19 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

「これからは写真は撮らないって決めたの。頭の中の記憶だけで十分。」
「そうね、そうなのよね。私はね、60で仕事を引退してから、自分の身辺を整理しようと考えてね、ずいぶんいろいろ捨てたわ。写真なんてこのくらいの(2〜3cm)アルバム1冊にまとめて、あとは全部処分したわ。」
「そうそう、親がなくなったあとの写真の整理が本当に大変だったって話を聞いてね、実際私もそうだったのよ。
写真はね、顔があるからね、ただぽいと捨てるわけにはいかないでしょう?それに自分の親の写真ならまだしも、そのお友達の写真やらなにやらは興味ないでしょう。」
「昔のアルバムはね、くるくるくるっとしたしっかりした金具がついていてね、分解したりして、それも大変なのよ、何冊もあったりするしね。」
「そうなのよ、だからね、今のうちに自分で自分の周りのことはちゃんと片付けておこうと思って。…そうねぇ、ずいぶん捨てたわ(ちょっと遠い目)」
「ほんの数枚あればいいのよ」
「そうそう、そうなのよぉ。」

先日の発表会の写真を見ているうちに、旅立つときのための心得みたいな話になっていた。
ここのクラスでは私はまだまだ若いほうに入る。
上記のような会話がぐるぐると何周かしているうちにあっという間に10分以上が経った。
その間、私が唯一口を挟んだ、「え、でもまだ全然、そんな、身辺整理だなんて歳じゃないですよね?」には、
「動けるうちにやっておかないと、だんだんおっくうになるでしょう」と真面目な顔でぴしゃりとたしなめられ、あとはただ神妙に頷いているしかなかったのだが。
そして、「まあ、あーたたち(あなたたち)はまだ若いからいいけど、私たちくらいになるとそういうことも考えるのよ。実は私も先輩から教えてもらったことなんだけどね。ふふふ。ほんとそうなのよ〜」と締めくくった。

つまり、自分が捨てられないと思う物事を、他人も同じように思ってくれるとは限らない。でも、自分亡き後、そういう物事をきちんと片付けてくれるのは自分以外の人であり、残しているものを処分するという作業は、考えているよりもずっと大変なことなのだ。だから、なるべく人様に迷惑のかからないように、身奇麗にしてさっぱりと過ごすことが大切である、エゴを捨てていくことが肝要である。・・・というふうに私は解釈した。

ふむ。人生の先輩の話は重みを持って胸に響いてくる。もし、もっともっと若い頃だったら、ただ、わあわあとした言葉の応酬にしか聞こえなかったかもしれないけれど。

彼女たちくらいの歳になったら、私も後輩たちに向かって「あーたたちはまだ若いからいいけど…」と言ったりするんだろうか。するかもしれないなぁ、わあわあと(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
歳なんて関係ないと思っていたけれど、でもその世代世代によって思うこと、考えることはあるのだなあと歳をとってきて、私も思うようになったよ(たとえば病気のこととか体のこととか)。身辺整理のことについても、もうちょっと歳をとったら考えるのかなあ。去年なくなった母方のおばあちゃんも「Maちゃんからもらった手紙を、お返しするわ」って、具合が悪くなったりするようになってから返されてちょっと悲しかったのを覚えてます(処分するならおばあちゃんが勝手に処分していいのにって)。でも、私の写真はおばあちゃんが暮らしていたお部屋にずうっと飾ったままでうれしかったなあ(弟やら他のいとこにはひがまれましたが。他の孫達の写真は飾ってなかったから。初孫で女子はひとりだったので)。
Ma
URL
2010/12/19 16:30
うん、昔はピンとこなかったことが実感を伴うようになってきたりねぇ。でも、「ああ、このことかぁ」と思えた時には、聞いてたお陰で不安が少なくてすんだなぁって思ったりもするんだよね。先輩の話って時々耳が痛いけど、ありがたい…なんてことも歳を重ねて気付いてきて。

Maさんのおばあちゃん、Maさんのことが大好きで、お手紙も本当に大切にしていたんだね。どうしても自分で処分できなくて、だからといって置いておいて他の人に見られることも嫌で、それでMaさんに返すしかなかったのかも…なんて思いました。でもMaさんの気持ちわかります。私も似たようなことあって悲しかったから。
まき
2010/12/19 23:26
大人な話ですね^^
私もいつも、同じような事思って生きてますよ。
写真だけじゃなく、家族への感謝の手紙とか(笑
そのうち書いておきたいとかね。
家族を持つと、自分の最後のその後まで考えているのが女性なんじゃないかなぁって思います。
男はねぇ…(笑
いづれにしても、もう20代ではないって事なんだろうね^^;
るんこ
2010/12/21 14:04
ああ、やっぱり。るんこさんは、きちんと考えて、選んで生きているなあと思ってました^^
>家族を持つと、自分の最後のその後まで考えているのが女性なんじゃないかなぁって思います。
…なるほど。妙に納得^^
それにしても20代に一緒に遊んでいたころからずいぶん遠くにきたねぇ(笑)
まき
2010/12/21 23:22
私は今も思ってるよ。
割とやる事やった感があって、いつ死んでも悔いないところまできてるから。
とりあえず残ってて恥ずかしいものは、かたずけるようにしています。

以前、20歳位年配の人とペットの事を話していて、「又犬を飼いたいけど、今から子犬をもらってきても、
最後まで面倒みれるか自身がないか
らかえなくなっちゃった」と言われた時から、結構いつも残りの寿命考えながら何かを始めるくせがついてしまってます。
私にとって目標がなくなることが一番怖かったんだけど、最近はこのくせがついたせいというかお陰というか、そっちの悩みはなくなったかな。
答えでないこと悩んでも仕方がなかったら、この考えは楽になりました。

でもハワイの空には癒されたーい。
写真アップしてねー

うめうめ
2010/12/24 00:26
うーむ。切実な問題だよね。
そうは言っても私たちももうそんなに若くはないし(そーでもないかっ 笑)、年齢に関係なく自分がいつ消失してしまうかわかんないし、常に身辺整理をしておくのって大切だなって思う。
私は特に海外旅行の前は身辺整理して行きます。
深い意味はないんだけれど、海外旅行って荷物たくさん持っていくし、気候も真逆なところだったりもするし。

写真の整理、これこそ私の課題。
うう〜これが一番面倒くさい。
顔が写っているのだからおいそれとは捨てられないもの。
村山トミー
2010/12/25 05:56
◆うめうめちゃん
 うめうめちゃんの落ち着きは、厳しい中をたくさん乗り越えて
 来ているからなんだろうね。経験値というか。
 そして、日々ちゃんと考えて整理してるんだね。
 私はぐちゃぐちゃで、見られたくないものもいっぱい
 ほったらかしで^^;
 おば様たちの話で改めて考えさせられたよ。
 
 ハワイの写真、アップするから待っててねん^^
まき
2010/12/27 23:17
◆トミちゃん
 年齢的には折り返し地点を過ぎたかなぁってところだから、
 そろそろ片付けに入っていいんだよね^^;
 ただでさえ、片付けるのが面倒だから、もっと歳をとったら
 もっと面倒になりそうなの。ほんと、動けるうちに
 気付いたことはやっておかないととちょっと焦ったりして。
 とかなんとかいいつつ、写真はどんどん増えてくんだよね。
 最近はデータでも。
まき
2010/12/27 23:24
イタタタタ…。
年末までにはやろうと思っていた整理もできていない
わたしには耳の痛いお話です。

写真の整理にはアルバムを開いて現物を直に見るより、
データの方が簡単に捨てられそうな気もしますが、
ファイルの中身がわからず見てしまったら、結局同じ
ですよね(苦笑)。
若さにしがみつきたいのか、まだまだ難しい課題です。

今年もよろしくお願いいたします。
chi-ka
2011/01/10 19:16
◆chi-kaさん
 確かに、データは中身「確認をしない」と心に誓って挑めば、
 あっという間に捨てられそうです...でも、きっと、
 ちょっとだけと覗いちゃいますよね^^
 
 私も、話を聞いたときには「そーかそーか」と殊勝な気持ちに
 なったものの、なぜか写真だけでなく、いろいろなものが
 どんどんたまっていく不思議を感じてます(苦笑

 こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。
まき
2011/01/10 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
身辺整理 a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる