a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハリー・ポッターと死の秘宝」と「のぼうの城」

<<   作成日時 : 2008/08/29 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 17

ものすごく楽しい時間だった。
夢中になると、本当に音が消え去るような感覚になるんだよねぇ。
電車のガタンゴトンという音はもちろん、イヤホンで聴いている音楽でさえ聞こえなくなってしまう。

片手で長い時間持っていると手首が痛くなってしまうほど重い1冊。
ずっとその重さが気になって、通勤のお供にできないままテーブルに積んであったのを、ようやく持って。

しかし、重さがなんだっていうのだろう。
物語の面白さの前には、そんなことはほんの些細なことになってしまうのだ。思い出した。
そんなわけで、なぜ腕がこんなにも凝るのだろうかに思い当たるまで数日。

夜は夜で、体は休みたいというサインを出し、姿勢を保っていられないようになっても、
どうなるの?どうなるの?という気持ちと苦しくなるほど高鳴る鼓動が、ページをめくる手を止めてくれない。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、これぞ最終巻!という盛り上がりと大団円。
「ああ」とか「はぁ・・・(ため息)」とか「くっ・・・」とかは茶飯事とはいえ、「おー、ハリー。。。ハリー・・・」というつぶやきにはさすがに夫もイラっとしたらしく小突かれた^^;
(そのとき私は物語の中でハーマイオニーに完璧に同調していたのでしょうがないのだ。)

面白かったなぁ。
最後のページを閉じた後、なんだか寂しくてしばらくめそめそした。

それから、「のぼうの城」。
100人以上のリクエスト待ちの順番がようやく回ってきた。
が、そのとき私はハリーと共に戦いの真っ最中であり、ようやく読み始めたのが返却日の5日前。
私は読むのが遅い。
本の間には「次にお待ちの人がいるのでなるべく早めに返却してください」のメモがはさんである。

という状況だったので、読めなかったらしょうがないな…というぬるい気持ちで読み始めた。
(しつこいようだが、まだハリポタの余韻が続いていた)

5日後の返却日。焦っていた。面白くなってきたとこなのにぃ。
そうだった、私は歴史小説が好きだった。また思い出した。
でもまだ半分くらい残っている。
うーん。もう1日借りてしまおう。少々の罪悪感を感じつつも、欲求に勝てず。
そして、寝る間を削って読破。
結局ざっと読むだけになってしまったが、非常に痛快で、「よっしゃっ!」と心でガッツポーズ。
忍城の武者たちはすっごく魅力的。惚れたわ・・・。

しかし、もう一回ちゃんと読み直したい。夫にもぜひ読んでもらいたい。買うか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
J・K・ローリング「ハリー・ポッターと死の秘宝」
純血にこだわるっていうモチーフが出てくるのっていかにもイギリス 的だよなあ。日本人だったらモチーフとはなり得ない気がするもの。 ということを最終巻にきて考えた私。 ...続きを見る
La Vie En Rose
2008/09/08 13:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
夢中になると、音すらも外が暗くなるのにも気がつかず
読みふけてしまうので、よくわかります。
ただ、重みだけは最中耐えられないで持ち替えたりするので
早い段階で気がつきますが(笑)。その後腱鞘炎など大丈夫
ですか?

「ハリー」は以前友だちに借りた4巻までで止まってしまっており、
この夏、最終巻を読み終えた別の友だちからは「読んだ方がいいよ」
と、結末を教えてもらえずのまま。
胸が高鳴ったままの本はすぐにも読み返したくなって、速攻2度読み
したくなりますものね。そんな「のぼうの〜」にも興味津々。

しばらく本から離れていると平気だったりするのに、こうやって
聞いてしまうと、もういけませんね。
あ〜、読みたいと思っても自由にゆかないのが口惜しい。
持ってそうな人を探すしかないか(苦笑)。
chi-ka
2008/08/30 14:28
◆chi-kaさん
 ほんと、そうですよね、あっという間に時間が
 経ってしまって。そういう本に出会うと
 うれしくて^^
 腕の方は大丈夫です!ご心配ありがとうございます。

 ところで、ハリポタ、私もお友達に同感です。
 あっ、でも4巻で止まっているんですね。
 とすると、クライマックスまでもうしばらくかかりそうですが、
 ぜひ全部読んで欲しいなぁ〜。
まき
2008/08/31 01:07
「おー、ハリー。。。ハリー・・・」というつぶやきにはさすがに夫もイラっとしたらしく小突かれた^^;
って、まぢバカウケです。
私は本を読み始めるとすぐに睡魔が襲ってくる。
秋の夜長だろうが私には関係のないことだわさ。
村山トミー
2008/08/31 22:11
◆トミーちゃん
 今回に限らず、時々小突かれるのよ。
 もちろん、倍返しだけどねっ!^0^
 ところで、「のぼうの城」、面白かったよ〜!
 ぜったい映画化される・・・と思って検索してたら
 本当にそういう話があるみたい。楽しみ。
 なので、トミちゃんも明日だんな様の書棚から
 出してぜひ読んでみてね^^
まき
2008/08/31 22:56
へ〜。そうなんだ。
わかった。時間たっぷりあるし
頑張って読んで見る。
あっ、頑張ってってこたあないか・・・。
村山トミー
2008/09/01 16:21
とうとうまきちゃんも読み終わっちゃったのね。

すでに6月に購入予約をし、
発売日には、出勤前に24時間営業のツタヤへ飛びました。
(本当は深夜0時に行きたかったくらいですが(^^ゞ)
会社も有給をとる予定だったのですがさすがに魂胆がバレバレで
認めてもらえませんでしたが。

ところがね、
本を手にしたとたん、
「これで最後か・・・・」と思ったら無性に寂しくなってしまい
読み始められなかったのです。

で、息子が先に読破したのですが
(たった4日で・・宿題やってたんだか(怒))
とにかく内容については一切話すなと約束させました。

私はどうしていいか本気で途方にくれてたの。
バカだよね〜。
たかが本1冊(2冊か)のことで。

で、どうしたかと言うと、
「不死鳥の騎士団」から読み直し始めたのでした。

このころは、夢中で一気読みをしていたので
細かいところを理解していなかったり、忘れていたり。

で、「謎のプリンス」を経由して
とうとう最終章を読み終えてしまいました。
ゆっきぃ
2008/09/01 17:34
ごめん、続きです。

私が年をとったせいか
ハリーの行動があまりにも無謀に思え
もう心配で心配で
ハーマイオニーよりモリーおばさんになってしまったようで
怖くて先に読み進めなくなることもしばしば。

最後はやはり号泣というより、
メソメソでしたね。
もう次はないのかな・・・。

現在はぐっと和風に
畠中恵さんの「しゃばけ」のシリーズを読んでます。

最近では読書の時はすっかり「ローガンキョー」の
お世話になっているゆっきぃ姉でした。

長文、ごめんね。
ゆっきぃ
2008/09/01 17:36
◆トミーちゃん
 うん、ぜひぜひ読んで!
 でもって、一緒に配役を考えよう^0^
 序盤をちょっとだけ頑張ればあとはどんどん読んじゃうと
 思うよ^^
まき
2008/09/01 23:09
◆ゆっきぃ姉
 おお!ゆっきぃ姉もコアなファンでしたね^^
 あんまりに楽しみだと、表紙を開くのにためらってしまう
 気持ち、わかります。
 ほんと、終っちゃいましたね…。
 寂しかったけど、期待を裏切らないラストでよかったです。

 「不死鳥の騎士団」から読み返したのですね。私も忘れて
 しまったところがずいぶんとあるので、また読み返したいと
 思ってます^0^ 

 「しゃばけ」はドラマ化された1冊だけ読んだことがあります。
 面白かった^^ 
まき
2008/09/01 23:29
しつこく登場!

「しゃばけ」のシリーズは2作目の
「ぬしさまへ」がお薦めっす!

短編集なので、さくさく読めちゃうし
仁吉の恋のお話など、
もう号泣でした。

ぜひぜひ読んでいただきたいです♪

いろいろお話したいことが山ほど。
そ〜だ、今度メールするね(^_^)v
ゆっきぃ
2008/09/02 09:11
◆ゆっきぃ姉
 インフォありがとうございます!
 「ぬしさまへ」ですね^^
 しっかりメモしましたー☆
まき
2008/09/02 22:52
まきさん、やっと読み終えたのでこの記事、見にきました(笑)。トラバもいたしました♪私も外出する時なぞ持ち歩いていて夫に「外出先で読む暇なんかないんだから(重いんだし)置いていきなよ」と言われ「はい」と言いながらさりげなく手に持って(笑)、それをみつかって呆れられ(爆)、でも結局ちょっとした隙をみつけて読んでました。昨日はごはんの用意もせず読んでいて親に怒られました(笑)。読まずにはおられんかったもの。お話としては私的には一番最初が一番おもしろかったんだけど、でも信じていたものを信じられる結末でよかったなあと(安堵)。夫によかったよかったとどうよかったのかと昨晩大いに語っておりました(笑)。
Ma
URL
2008/09/08 13:52
◆Maさん
 >読まずにはおられんかったもの
 ああ、もう、このひと言がうれしい〜^^
 ほんとそうでしたー!
 とはいえ、さりげなく手に持って出るには
 大きい本でしたよね(笑
 しかし、だんな様とのやりとりがまた楽しい^^
 素敵な家族なんでしょうね〜☆ 
 私も夫と語りあいたいものですが、読んでないので無理^^;
 代わりに妹夫婦のとこで感動を語りあいました。
まき
2008/09/08 22:58
あ、まきさん、夫は1巻しか読んでないの(笑)。映画はふたりとも最初の観てやめちゃったし。どうせ夫は全部読まないだろうから「読まないでしょ?読まないでしょ?この先」とゆって、大事なとこの話していかに私がうれしかったか熱弁をふるったわけですわ(爆)。だから語り合ったのでなく一方的に私が「語った」のだす(笑)。
Ma
URL
2008/09/09 09:47
◆Maさん
あらま、失礼しました^^;読解力のない私。
でも大いに語るMaさんの話、私も聞きたいです^^
で、時々口を挟みたい(笑
映画、賢者の石でやめちゃったんですね。
私は3巻めのアズカバンまで映画館で観ましたが
そのアズカバンの映画が気に入らなくて、
以降、テレビでの放送を待ってになりました。
まき
2008/09/09 22:50
今頃コメント。
あははは。Maさんとのやりとり読んで笑っちゃったよ。
あなたたち二人が語りあったらどうなるんだろうか。
面白そう〜。すごいことになりそうだにゃ。
村山トミー
2008/09/29 19:14
◆トミーちゃん
 Maさんのことをたくさん聞いてみたいので、
 きっと黙って聞いてふむふむと頷く…そして、時々
 口を挟む(笑
 そして、トミーちゃんに笑われる。
 …というのがぱあぁぁぁっと頭に浮かんだんだけど、
 どうかしら?^0^
まき
2008/09/29 21:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ハリー・ポッターと死の秘宝」と「のぼうの城」 a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる