a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥たちは知っている?

<<   作成日時 : 2006/02/04 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画面を見ることに疲れたときは外を眺めている。
幸い、いちばん窓側の席で、窓もとても大きい。小さな通りを挟んだ向かい側のお家は、たぶん昔からあって、夏には塀がつたで覆われ、その塀の向こう側に垣間見えるお庭の木々も季節を知らせてくれるものが多い。

画像今は秋から実りっぱなしの柿の木が楽しい。小ぶりの柿が枝をしならせていて、綺麗なオレンジ色が真っ青な空に映えている。

さて、この柿、今年はちっとも甘くならないみたいだ。
一昨年は年があけたとたんに、鳥たちが群がり、通りにぽたぽたと実を食べ終わったあとの皮が落ちてくるという人気ぶりだったのに。

鳥たちはどうやって甘い渋いを見分けるんだろう。やっぱり、とりあえずつついてみるのかな。
そんなことを思いながら、手に届きそうなひとつを取ってかじってみたくなる休息のとき。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
鳥たちの目利きはほんと不思議ですね。こっちだと、ななかまどの赤い実が鳥に嫌われているらしく、ずっと枝についています。いよいよ冬が深まって他に食べるものがなくなると(?)さすがに諦めて手を出すようです。
ここ数日さっぽろは吹雪です。少しずつななかまどの実が減っているような気がしているので、今を乗り切れば暖かくなるのでしょう。
kina
URL
2006/02/05 05:55
私の見たところによりますと、カラスが1個ずつ口ばしで突っついて3〜4個下に落としてから吟味してました。甘いのだけを持ち去り渋いのが置き去りに・・・それを、すずめが突っついてる現場を目撃した事があります。きっと、通りに落ちて潰れているのは、渋いのかなぁ〜

私の家のベランダにでると、川が流れ・その奥が森みたいになってます。
川・森と共に四季を感じさせてくれます。
都会では無い都下ですが、自然な感じが好きです。

 
HALEIWA
2006/02/05 10:24
なんか懐かしいと思うのは私だけでしょうか・・・。
存在感のあるあの木ですね。
私の記憶だと、いつも鳥たちが食べてるイメージが
あります。きっと数年に1回くらいは、美味しい実が
ならないときもあるのでしょうね。
それにしても、鳥たちは、どうやって見分けるので
しょうね。
きっと、代表の1匹が食べて、鳥語で、今年はまずいよって
みんなに教えるかもしれませんね。
michi
2006/02/05 13:53
◆kinaさん
 ななかまど...懐かしいです。
 あの赤い実は気に留めることもないくらいに
 あたり前の風景だったのに、こちらでは見かけないので
 懐かしいです。
 この時期は真っ白に真っ赤のコントラストが美しいの
 でしょうね(^^)
 でも、確かにあまりおいしそうな感じはしないなぁ(笑)
 鳥たちも春が早く来ないかなぁと思っているのかも。

◆HALEIWAさん
 さすがカラス。頭いいですね。
 おこぼれの渋いのをつつくすずめたち…かわいそうな
 気もしますが、もこもこと集まっている姿は
 可愛いかも〜(^^)

 HALEIWAさんちのベランダからの風景、贅沢ですね!
 毎朝窓を開けるのが楽しくなりそう。
 マイナスイオンもたっぷり?(笑)
まき
2006/02/05 19:52
◆michiさん
 ふふふ、きっと懐かしく感じてくれるのではと
 思いました。ほんと、存在感のある木です。
 今年はほとんど売れ残っているんですよ〜。
 見分け方、私も最初に食べた鳥がみんなに
 触れ回っているのじゃないかと思ってます。
 「今年の毒味役はあなたね!」とか言われてたりして。
まき
2006/02/05 19:53
この写真、とってもいいですね。。
空の色が白から青にグラデーションしているようで・・・。
(太陽の光か雲なのかな?)
濃いオレンジ色の柿がたまらなくおいしそうで
やっぱりひとつもぎ取ってみたくなりますね。^^
そういえば、小さな頃に住んでいた家の隣にも
柿の木があったことを思い出しました。
でも、たぶん“渋柿”だったのだと思います。
カラスが寄ってきませんでしたもん。
(最初に食べた毒見役の鳥には、ご苦労様!と言いたいですね。(笑)
MAKI
2006/02/05 23:45
あ、ほんとに。グラデーションになってる!
東側の空で撮ったのが朝なので、太陽の光だと思います。

ほんと、いい色の柿なんですけどね〜。
凍ったり溶けたりする間に甘くなって、鳥たちの
ご馳走になるといいな〜と思う反面、
このまま眺めを楽しみたいなあとも思うのでした(^^)

>(最初に食べた毒見役の鳥には、ご苦労様!と言いたいですね。

ええ。いつか苦労話やぼやきなんぞも聞いてあげたいです(笑
まき
2006/02/07 09:13
鳥といえば、1年くらい前、近所の公園で、
大きくてカラフルなつがいの鳥を見ました。
動物園あたりでしか、見られないような。
どこかで飼われていたのが逃げ出したのか、
放たれたのでしょう。
私の実家に昔海水を引き込んだ温泉があって、
秋になると近所の方が渋柿を持ってきて湯船につけていました。
渋みが抜けるんだそうです。
NENE
URL
2006/02/11 17:12
日本の普通の公園でカラフルな
鳥がいたらものすごく目立ったでしょうね〜。
しかもつがいならばなおさら。
ちゃんと冬を越せているといいですね。

ところで、お湯につけると渋みが抜けるとは!
ん、お湯じゃなくて温泉?いや海水?
どちらにしても、そういうことってどこで
おそわるんでしょうね。感心します^^
まき
2006/02/12 15:24
鳥たちは知っている? a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる