a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 狂言への誘い

<<   作成日時 : 2006/01/22 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

住んでいる町で狂言が上演されると知り、観にいってきた。
もう15年ほど前になるだろうか、一度だけ観たことはあるにはあるが、まったくといっていいほど覚えていないので、初めてといってもいいだろう。

実のところ、狂言にそれほど興味があるというわけではない。
私を知る人なら「そんなことだろうと思った」というだろうが、野村萬斎さんに興味があったのだった。。。(^^;
同行者は、「以前テレビドラマで見たときになんていい声の人なんだろう思った」と、萬斎さんを評価する母。ミーハー親子である。それでも古典芸能に触れる機会になるならいいじゃないのさ(笑)

まだあつあつのザーサイとゴマのおにぎり(作って持っていった)を、ホールで待っていた母と一緒にほおばりながらプログラムを読んで予習。

さて、いよいよ時間…と思ったら、その前に狂言の決まりごとや楽しみ方、演目のあらすじを解説してくれる時間が約30分。何もない空間があり、そこで何かが始まり、そしてまた何もない空間となる…演目だけでなく、全体を味わってくださいとのこと。

演目は「千鳥」と「業平餅」。
あらすじはこんなです。
◆千鳥
主人はは太郎冠者を呼び出し、支払の滞っている酒屋から更に代金無しで酒を取ってくるように申し付ける。太郎冠者は酒屋が話好きであることにつけ込み、話をするうちに酒をまんまと持っていこうと、伊勢の浜辺で伏せた千鳥の話や津島祭の山鉾を引く話をするのだが、酒を持っていく途中で酒屋に咎められる。そこで太郎冠者は…
◆業平餅
美男・色好みで知られる在原業平が供を連れて玉津島明神の参詣に出かけ、途中で空腹のため餅屋に入るが、殿上人の業平はお金を持ち合わせていなかったので、仕方なく餅尽くしの謡を謡って気を紛らわせていると、餅屋が業平と知って娘の宮仕えを願い出て、娘を呼びに中に入る。そのすきに餅を喉につかえさせてしまう。娘をひと目見て気に入った業平は妻としてみとめるが、いざ被衣を取ってみると・・・
(パンフレットより転載)

いたれりつくせりの解説のおかげで、初心者の私にも十分楽しむことができた。
テンポがよく、先が読めつつもついつい笑ってしまう…という面白さ(^-^)

そうそう萬斎さん。
つるんとしたお肌と涼しげな目元が非常に美しかったのはもちろん、コミカルな太郎冠者にも大いに笑わせていただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
まきさん、ちょっとご無沙汰致しました。
そうか〜、まきさんは萬斎さんがお好きなんですね。^^
確かに“涼しげな目元”がとても印象的で
「あぐり」に出演された時(かなり昔の話で恐縮ですが^^;)
一度あの方を見たら、無性にお顔が頭に残って
離れなかった記憶があります。
お母様のおっしゃるとおり、お声もとても魅力的で。
(私こそミーハーですね^^;)
話し方も普通の俳優さんと少し違うなぁと思ったら、
狂言の世界の方だと知り、妙に納得したんですよね。

萬斎さんの狂言、見てみたいです。
狂言は私も学生の頃に一度だけ見たことがあるという初心者ですが
その時「ん?好きかも・・・」と思った記憶だけがあるんです。
かなり笑えたので。(内容はすっかり忘れましたが)
つるんとしたお肌と涼しげな目元も見たいです。
(やっぱりミーハーだ。笑)


MAKI
2006/01/23 00:33
ついにまきさんも見てしまったのですね、生萬斎さんを!
声のよさはもちろんのこと、涼しげな目元に立ち居振る舞い。
今日あたり、夢に出てきて欲しいかも。
わたしが大興奮してどうするって感じなんですが…笑。

いろんな場所で公演があるとは知っていましたが、よく
チケットが取れましたね。(そのことも驚き!)
シェークスピア劇もすてきでしたが、やっぱり本業。
狂言の舞台が見たいものです。

>MAKIさん。わたしも「あぐり」で目覚めました。
chi-ka
2006/01/23 18:51
◆MAKIさん
 >萬斎さんがお好きなんですね。^^
 興味がある…というくらいでしたが、舞台を見て
 素敵だな〜って(*^^*)
美しい人は男女問わず惹きつけられてしまうので、
 好きな人がどんどん増えていきますねぇ〜(笑)
 萬斉さんは涼風を従えているような人でした。

 そうそう、確か母も「あぐり」にて。
 MAKIさんもchi-kaさんもそうでしたか。
 見ていなかったことが悔やまれます。くぅo(><)o

◆chi-kaさん
 はい、見てしまいました。生萬斎さん!
 お姿、光ってました(*^^*)
 息子さんも出演されてましたが(5歳くらい)、
 まさに「ミニ萬斎」といった感じでした。
 小さいながらも優雅な立ち振る舞いと涼しげな
 表情が皆の注目を集めてました。

 チケットは、たぶん会場も主催も埼玉だったのと、
 大々的な宣伝も見なかったので、知らない人が
 多かったのかも。私も偶然実家で手に取ったチラシが
 きっかけです。ラッキーでした。
まき
2006/01/23 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
狂言への誘い a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる