a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜

アクセスカウンタ

zoom RSS アクシデント

<<   作成日時 : 2005/09/13 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

ずいぶん昔の話で今はもう笑い話となっているが、熱海の海で溺れかけたことがある。

ほとんど泳げないので、足がつかない場所では浮き輪、またはそれに準ずるものにつかまっているのだが、
その日もそうして海の中でおしゃべりをしつつぷかぷかと浮いていた。

話題は忘れたが、大笑いしたその時、ひゅ〜と岸のほうから風が吹いてきて、
つかまっていた浮き輪が沖のほうへさらわれて飛んでいってしまった。

あ!と思った後、ごぼごぼと沈んでいく私。どうしようどうしようと、パニックになりつつ
なんとかしないと…ともがいた。岸に向かって進もうにも追い風が強くちっとも
動かない…。

いやはや、あの時はほんとどうなるかと思ったが、どうしようもないくらい深いところまで
行っていたわけではないので、とにかく手足をばたばたしよう〜とやっていたら
何とか足のつくところまでたどり着くことができた。

ああ、よかった…と、ここで話は終わるはずだったのだが、砂浜で様子を見ていた友人が
レスキュー隊を呼んでしまったから事は少々大事に。

しかし、助ける対象の私を誰も見ていない。
皆の視線を追ってみると…浮き具を引いてクロールしていくレスキュー隊員の姿が!
どうやら、沖に飛んでいった浮き輪を目指しているらしい。
ど、どうしよう。私は既にここにいるんだけど…。

浮き輪を助けに行った隊員さんに「すみませんでした…」と謝ったのは言うまでもない(^^ゞ

********************
実は、英会話の宿題で「今まであったアクシデント」というのが出たので、ではこれをと
思ったのだが、実力不足はなはだしく、短文5行くらいで終わってしまった。がーん。
あーあ、話したいことがあるのに言葉が出てこないのって苦しいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ククク。これって笑っていいのかな。ごめんなさい笑っちゃいました(笑)。でも、無事でなによりです。今だから語れることですよね。

この間熱海に行ってきましたよ(家族旅行で)。
でも、熱海のメインの砂浜は防波堤があって、台風だったけど、波は穏やかだったなー。違う場所かな。
Makoto♪
2005/09/14 11:28
泳ぐのが苦手とはちょっと意外でした。さりげなく、す〜っと泳げそうな感じがしていたのですが・・・ この時の水着は無事でした?(~0~:)
りと
2005/09/14 15:37
最初の「おことわり」の一行がなかったら、ただただギョッと
驚いたことでした。よくぞ無事にお戻りに…。

実は今日これから英語で、きっと「夏休みの出来事」の話に
なるんだろうに、夏の思い出を忘れかけている身にとっては
何をどう話したらいいのか(笑)。こちらも苦しいところです。
chi-ka
2005/09/14 17:07
ああ、ゴメンナサイ私も笑っちゃいました…(^◇^;)
まきさんも浮き輪も無事で何よりでした(笑)
私もほぼカナヅチです。5mくらいしか泳げませーん。とほほ。

これを英語でスラスラ面白おかしく書けたらすごいでしょうね〜。
今すぐアメリカ人になれます(爆)
lokelani
2005/09/14 18:40
あああ・・・まきさん、ごめんなさい!
私も思わずかな〜り受けてしまいました!!
だって、まきさんの
>ど、どうしよう。私は既にここにいるんだけど・・・
っていうのが、可愛すぎて!!
とっても気持ちがわかります。^^
私も小さい頃、波で遊んでいて
ふいにやってきた高波に一瞬さらわれたことがあります。
でんぐり返しになりながらも
息も絶え絶え、何とか脱出したのですが
姿が見えなくなった私の名を
家族はひたすら呼んでいて・・・
(想像以上に心配していて^^;)
ちょっと「ここだよ〜!!」といいづらくなった
夏の日の思い出があります。。。
でも、ほんと!
無事でよかったですよね!!!
MAKI
2005/09/14 20:13
>Makoto♪さん
 はい、笑っちゃってください。
 あの、みんなの視線をあびて泳いでいくレスキュー隊員さんが
 実は浮き輪を追っていったと思うと、申し訳ないなぁと思いつつも
 どうしてもくすくすと笑ってしまうのです(^^ゞ
 たぶん、防波堤があったと記憶しているので同じ場所かも・・・。

>りとさん 
 そーなんです、泳げなくて水泳の成績は散々でした(T-T)
その後、一念発起して(大げさ)スイミングスクールに
行き始めましたが、あっという間に風邪を引き、3ヶ月足らずで
 ドロップアウト。つくづく向いてないと思いました。
 そうそう、水着。幸い、ワンピースタイプだったので
 セーフでした(笑)

>chi-kaさん
 はい、ほんの数分のこととはいえ、怖かったです。
 でも、怖かったことというのは忘れちゃうもので、
 今はすっかり笑い話になってます。
 英語も日本語と同じように扱うことができれば
 結構面白ネタだったのになあと歯がゆい思いをしました。
 chi-kaさんは「夏休みの出来事」に何を選んだのでしょう?(^-^)
まき
2005/09/15 02:24
>lolelaniさん
 いいんですいいんです、笑ってください(^^ゞ
 ほんと、すらすらと英語で話ができたら、もう少し
 盛り上がったかもしれませんが、失笑をかっただけで
 すぐ次の人の話題にうつっちゃいました。とほほです。
 ところで、lokelaniさんも泳ぎが苦手なのですね!
 フラだけでなく、こっちもお仲間だわっ(笑)

>MAKIさん
 はい、私もその時は「あ、あれ??」ってなりました(笑)
 でもいちばん面白かったのは友人の表情だったかも。
 (面白いなんていうと怒られそうですが)
 沖へ向かう隊員さんと砂浜へ戻ってぐったりしている私を
 交互に見比べて、目を丸くして「あれ?あ・・・れ?えー?」
 という顔をしていたような気がします。
 ともかく迷惑かけちゃいました(^^ゞ
 ところで、MAKIさんも無事に生還できてよかったですね。
 今いたのにそれが一瞬で消えてしまう驚きは恐怖に近い
 気がします。
 もう少し水の中で自由に動けるといいんですけどねぇ。 
まき
2005/09/15 02:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
アクシデント a notebook 〜気分しだいの雑記帳〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる